妊娠糖尿病

【妊娠中のダイエット】妊娠糖尿病になって低血糖で産まれた赤ちゃんの話②

前回のお話はこちら

【妊娠中のダイエット】妊娠糖尿病になって低血糖で産まれた赤ちゃんの話①これは低血糖で産まれた3男のお話なんだけど、自分がSNSやブログをしたら絶対載せようと思っていた事。 私、3人目を妊娠中、耐糖能検...

転院

すぐに大学病院に転院になって、再度血液検査とスクリーニング。この時、妊娠29週。

胎児や発育に問題なしと言われて、心底ホッとしたのを覚えてます。

血糖値の数値も悪くはなかったから、先生からもインスリン療法は勧められる事はなく。とにかく食事で頑張って、という感じ。

妊娠糖尿病のための食事療法

とにかく血糖値を上がりにくくするために炭水化物の量を減らして、分食することを勧められました。

ちなみに血糖値を上げにくいとされている食品はこちら。この中のものを中心に食べていれば間違いないと思います。何でも偏った食べ方はNGですが。

血糖値を上げにくい食材

私はこれだけじゃタンパク質が物足りなかったから、鶏の胸肉やささみを良く使ってたと思う。妊娠中で上の子がいたから、枝豆、ほうれん草、ブロッコリー辺りは冷凍食品で時短。

どうしてもパンが食べたい時はローソンのロカボ系のパンを買ってましたが、今思えばコンビニの菓子パンは糖質オフでも避けて手作りの米粉パンなどにすれば良かったかなぁと思います。どうしてもしんどい時は普通の菓子パン食べるより良いとは思いますが、結局脂質やグルテンなんかも体に影響するんで食べ過ぎは良くないかな・・・

それでも、私の場合、運動は真ん中のチビちゃんとお散歩行くくらいだったから、トータルの増加を5.7kgで抑えられたのはほぼほぼ食事のおかげだと思います。

35週の検診でも胎児や羊水に異常はなくて、順調に見えた妊娠糖尿病の治療なんだけど、ソレは突然にやってきました…

37週0日で陣痛~出産

早産ギリギリ、37週0日で陣痛が!一応『正期産』にはなるんだけど、産まれてきた赤ちゃんは2500gにちょっと足りない未熟児でした。

しかも分娩時間は11時間。今回は3人目だし、助産師さんたちも早そうって言ってたけど、2人目より時間がかかってしまった。そして何人産んだって痛いものは痛い。

ただ今回の出産が上の2人の時と違ったのは初め抱っこさせてもらってからは、なかなか会えなかった事。そして次に言われた言葉は、『赤ちゃんの血糖値の数値が低く、このままこちらで預かります』でした。

あの時の気持ちは言葉では言い表せない。今思い返してもショックで少し記憶がないくらいです。

その後先生から伝えられたのは

  • ブドウ糖を入れる処置をしたこと
  • 血糖値が安定するまでGCUで預かること
  • 赤ちゃんに会えるのは明日の朝様子を見てから

とういう事だったと思う。

夫婦で「お願いします」と伝え、個室の空きがなかったから主人は帰って、私はお産の疲れで泥のように眠・・・・れるはずもなく、『新生児低血糖』について調べまくっていました。

【後遺症に関して】
新生児低血糖は脳に大きな影響を与え、低血糖状態が続くと、次のような神経学的後遺症につながる可能性があります。
・発達遅延
・けいれん
・脳性麻痺
<引用元>
【医師監修】新生児低血糖とは?原因、症状、治療方法、後遺症について|ベビーカレンダー (baby-calendar.jp)
【原因に関して】
・赤ちゃんが小さく生まれてきた
・母体が糖尿病合併だった
といった場合、低血糖が起こる場合があります。
<引用元>
新生児の低血糖の症状。治療期間と予後の後遺症確率は|医師監修 | kosodate LIFE(子育てライフ) (epark.jp)

とにかく自分を責めまくってしまって。今思い出しても涙が出ちゃう…

でもね、主人はありのままを受け入れる人だったの。私が過去のことをグチグチ言えば”無駄な時間”と言い、将来の話をしたら”未来なんか分からない”ってタイプ。

普段は若干イライラするけど、この時ばかりはそのいつも通りの主人の言動に救われました。

赤ちゃんとの対面

次の日の朝、看護師さんから「〇時に赤ちゃんに会えますよ』と言われた時は飛び上がるほど嬉しかったです。(実際はフラフラで車いすを使って移動したんだけどね…)

もちろん主人にも来てもらって、2人で赤ちゃんとご対面。

もう見た瞬間から、

愛おしくて、愛おしくて、大好きで、大好きで、大好きで

自分の全てでこの子を守る!!!って決めた。

素直に本音を言うとね、妊娠中から赤ちゃんに会うまでずっと、”後遺症が出たらどうしよう”、”障害が残っても育てていけるの?”ってそのことが本当に不安だったの。

でも小さな、本当に小さな体で点滴を受けながら頑張ってる赤ちゃんを見たらそんな気持ちは吹っ飛んでいった!

私が守るって気持ちが溢れてきて。誰に何を言われようと『私が』って。

後遺症が出ても、障害が残っても、私が育てていく!って思ったら逆に気持ちが軽くなりました。先のことは考えない、その時起こった問題に全力で悩んで、全力で解決していく!って。いっつも先回りして不安になって動けなくなっていたから、それをやめようって。

面会と赤ちゃんのお世話

赤ちゃんの状態は、まだミルクを飲んだあとの血糖値が安定しなくてブドウ糖の点滴をしていました。

私にできる事は、母乳を絞って、入院している病室からGCUまで持っていく、着いたらオムツを変えて、哺乳瓶に入った母乳をあげるくらい。

最初は母乳が少なくてミルクをあげていたんだけど、これがもう飲まない、飲めない。ミルクをあげるのに物凄く必死だったのを覚えています。

ちなみに、私が入院した病院のGCUのルールはこんなかんじ。病院によってルールが違うみたいだから注意が必要です。

GCUのルール

・スマホNG
・ビデオカメラOK
・面会可能な人:母子・父子・祖父母(赤ちゃんの兄姉はNG)
・面会時間:母子・父子→24時間OK 祖父母→午後8時まで
・面会時:検温、手洗い、アルコール消毒
・授乳・ミルク時間:11時、13時、16時、19時、22時、1時、4時、7時
・沐浴:16時まで

私の赤ちゃんの場合、退院の条件は、点滴がはずれる事(血糖値が安定すること)、ミルクを決まった量飲めること、母乳がおっぱいから飲めるようになること、でした。

私の退院期間は5日間で、最初は一緒は難しいだろうと言われた。寂しいけど仕方ないか。と思っていたら…

退院~自宅

私が退院する前日、先生からお話があって。

一緒に退院しても大丈夫か、明日の朝判断しますって。(この時点で点滴は外れていて、ミルクが最後の1回だけ飲めなかったの。おっぱいはほんの少しだけ食いついてくれたけど…)

私からすれば一緒の退院は諦めていたから、可能性があるだけですごくうれしかった。

ただこの時点でも後遺症については「検査しないと分からない」でした。もし退院となれば、その前にどこかのタイミングでMRI検査をするとのこと。この時聞いて血の気が引いたんだけど、うちのチビちゃんの産まれてから1時間後の血糖値、10㎎/dl以下だったらしいの。入院中の経過を見たら多分大丈夫だろうとおっしゃっていたけど、こればかりは分からない、と。

そして、次の日の朝、どちらか分からないままGCUへ授乳に行ったら

『後で先生からお話があると思うんですが、今日退院できそうですよ』

とのこと。

ここからはバタバタ!自分の退院準備をしてもう一度GCUへ行ったら、先生から

『MRI検査も特に問題なく、黄疸もでなかったし、一緒に退院して問題ないでしょう』とのこと。

すっごく嬉しかったけど、スタッフさんも急な退院だったから、手続きで結構時間がかかってしまって。私の退院で主人が迎えに来てくれていたんだけど、仕事の時間になっちゃって結局1人で病院から赤ちゃんを連れて帰宅。しかも揃え忘れていた物もあってタクシーでトイザらスに寄ってもらって買い物までして帰ったの。1人目の時には考えられないくらい強くなりました。笑

その赤ちゃんの現在の発達状況は次のブログで紹介しますね。

その後の記事アップしました☆
【妊娠糖尿病】低血糖で生まれた赤ちゃんのその後妊娠糖尿病から低血糖で生まれた3男のチビちゃん。 今回はそのチビちゃんの「今」を記事にしてみました。 ”その後”の記事ってあ...

最初は本当に嫌だった転院だけど、もし処置のできない病院だったらと考えるとゾッとします。うちの大切なチビちゃんを24時間ケアしてくれて本当に感謝してます。

ちなみに費用に関しては、GCUでの入院費用諸々は医療費助成制度が適応されて、ほぼ分娩費用のみでした。大学病院で高くなる覚悟をしていたけど、逆に最初の産院より安くなってしまって、なんだか申し訳ない気持ちになってしまった。日本の医療制度にも感謝。

妊娠糖尿病になりやすい人

なってしまったら仕方がないし、その時に一生懸命に向き合えば良いと思うけど、これから妊娠予定で以下に当てはまる人は注意するに越した事はなし。

  1. 糖尿病の家族がいる
  2. 前の出産で巨大児(4000g以上)を出産した
  3. 現在の妊娠でおなかの赤ちゃんが大きい
  4. 肥満(妊娠前のBMIが25以上)
  5. 妊娠中に体重が急増した
  6. 35歳以上の高齢妊娠
  7. 尿検査で尿糖数値が陽性
  8. 原因不明の羊水過多症
  9. 原因不明の流・早産または死産の経験がある

私の場合はおじいちゃんが確か糖尿病だった気がする。あとは、高齢出産で、2人目が36週で産まれてるから、当てはまるのは①⑥⑨でした。

そして、妊娠糖尿病になった人は、将来的に糖尿病を発症する可能性が高いと言われました。

だから、産後ダイエットも本気で頑張らなきゃ!!!!!!って思ったの。

やっぱり健康であることが大事ですね。アラフォーになってつくづくそう思います。

同じような境遇のママさん、お互い頑張りましょう!